プリスクールとはPreschool

プリスクールとは

日本でのプリスクールとは、主に小学校に上がる前のちいさなお子様が、保育園や幼稚園のように毎日通い英語教育を含めた各種教育を受けられる施設のことを指します。
プリスクールでは、ネイティブスピーカーの先生が英語で子ども達に英語を教え、英語でお話をし、マナーなどの教育も行います。子供達が英語に楽しく取り組めるようにレッスンも毎日行います。
一日の大部分をネイティブと共に英語環境で過ごすため、子ども達は負担なく自然に英語を習得してゆくのです。
幼児期は言語への感受性が高く、習得しやすい「特別な時期」ですから、この時期にネイティブスピーカーの本物の発音を日々耳に入れて行く事によりお子様の英語能力は格段にアップします。
このような理由から、幼児期の英語教育において日本人はネイティブスピーカーの先生にはかないません。
小学校で英語が必修化され、英会話スクールも増加しておりますので、子供の時期に英語に触れる機会は以前よりも増えました。しかし、週に数回の英語レッスンで「バイリンガル」へお子様を導くのはとても難しいといえるでしょう。小さなお子様に対して中途半端に英語を教えてもまったく身に付きません。小さなお子様にとって一週間に1回か2回の単なる「習い事」で英語を身につけるのは至難の業です。一般的な英会話スクールで英語を身につけられるお子様は一握りでしょう。現実問題として、幼児期に英語教室に通わせたけれど、すべて忘れてしまいまったく身に付かなかったというお悩みをたくさん聞きます。このような事から本当にお子様に英語を体得して欲しいと考える保護者様の間で本物のネイティブスピーカーを通じて英語を体得できる「プリスクール」の存在が全国的に広がりを見せており、今注目を浴びているのです。
プラスキッズは日本の未来を担う人材として、お子様に世界の公用語である英語をしっかりと身につけていただきたいと考えております。またプラスキッズでは無駄を省き、一般的な同種のプリスクールよりも格安な料金でお子様を通わせる事ができます。お子様の特別な時期は一回限り。英語をマスターする事はお子様自身にとって一生の財産となるでしょう。この多摩の町から将来世界に羽ばたくバイリンガルキッズを育てたい。それがプラスキッズの願いです。

プリスクール選びのポイント

日本ではここ数年 全国的にプリスクールが少しづつ増加しております。大手コンサルタント企業や英会話スクールなどがプリスクール経営に乗り出すため経営者を公募したり、普通の幼稚園・保育園などがプリスクールへと変化したところもあります。まだプリスクールが無い地方の地域であっても、これから増えていく可能性はあります。
プリスクールといっても、そのレッスン方式はスクールごとで違います。そもそも英語を覚えるためのレッスンをほとんどしないという「遊び中心の」プリスクールも存在します。校則や考査の有無・料金の設定もスクールごとに大きな違いがあります。
ネイティブに関してもあくまで英語圏の国の先生だけを「ネイティブ」として採用するスクールもありますし、その他の国の人でも英語が話せれば先生として採用するスクールもあります。
このようにスクールによってコンセプトも目標としている教育レベルも大きな違いがありますので、ご家庭の希望にあったプリスクールを選ぶことをおすすめします。
ご家庭やお子様にあったプリスクールを選ぶことが出来れば、長く通わせる事ができ、満足する結果を得ることができるでしょう。ネイティブの先生とお子様の相性もとても大切です。

プラスキッズの取り組み

ネイティブ及び先生の採用基準


外国人講師はアメリカまたは英国出身の方を中心に先生にふさわしい学歴・経歴の持ち主(原則として4年制大卒以上で英語教師または通訳の経験2年以上)であり、しっかりとした身元保証人がいる事を条件としています。子供が大好きで、日本の子供に英語を教えたい!という希望をもっている先生のみ採用しております。
また英語教師としての資格TESOL(英語教授法)TEFL(Teaching English as a Foreign Language),日本語能力試験JLPT n4以上の合格者の方を優遇しています。

日本人の先生は保育士資格・幼稚園教諭免許を持つ人、海外で幼児教育を行った経験がある方を採用しています。園長先生は保育士歴10年以上、認可・認証保育園でも施設長などを経験しているベテラン保育士の先生ですのでご安心下さい。

ネイティブのボランティアやパートタイムに関しては若干名募集をしておりますが、当園が募集または提携をお願いしている大学または教育機関の方(東京大学留学生課、テンプル大学ジャパンキャンパス、東京外語大学)またはALTプログラムなどで小学校や中学校での英語教師経験者の方のみ受付をさせていただいております。

実績のあるレッスンカリキュラム、お子さまを「バイリンガル」に育てます


当園ではMPIメソッドを取り入れたレッスンカリキュラムに加え、フラッシュカード、歌、チャンツ、絵本などを使った年齢別レッスンを毎日行っています。
アメリカ・英国出身の先生が常駐し、園でのすべての生活のシーンにおいてネイティブの先生が英語でかかわります。ネイティブの先生のレッスンを受け、一緒に遊び、一緒にお昼をいただきます。外遊びや園内行事もすべてネイティブの先生が一緒です。このように年齢にあわせた実践的な英語レッスンと英語保育という2つの取り組みによって子供達はストレスなく楽しみながら英語をマスターしてゆけるのです。
当園の目標はお子様を日本語も英語も両方とも使うことができる「バイリンガル」へお子様をお育てすることです。また当園は正式な保育園となりますので英語以外の取り組みについても一般的な保育園と同等以上の教育を行います。

児童英検対策


お子様に英語教育を行うことをお約束しているプリスクールでは一定の成果・結果を求められると当園では考えています。
プラスキッズでは、保護者の皆様にお子様が英語を習得している事を確認いただくため、定期的に児童英検の受験をお勧めしています。児童英検とはオールリスニングで行われるお子様向けの英語検定試験です。問題ごとの正答率など詳細なデータがもらえるため、お子様の進歩の状況を保護者様が確認される事に役立ちます。
プラスキッズへ入園して一定期間が経過した段階で、お子様の進歩の状況をみながら保護者様へ受験をおすすめします。
プリスクールにて英語教育を受けられているレベルのお子様であれば、ブロンズ〜シルバーのグレードを3歳半程度から合格可能であると思われますが、小さなお子様はその集中力にも個人差があります。力を出し切れるようにリラックスして受験に望めるようにプラスキッズの先生が導きます。プラスキッズは年に3回程度行われる、「児童英検試験実施校」として正式に登録されています。
また年に3回行われるペーパー版試験だけではなく、インターネットでの個別受験に関しても対応しておりますので、年間を通じてお子様が実力を発揮する場を提供できます。
多摩市・日野市・高幡不動・中河原・永山・多摩センターなど近隣地域の保育園や幼稚園・プリスクール・インターナショナルスクールなどに通っているお子様であればプラスキッズに通っていないお子様でも受験できます。お子様の英語のレベルを知りたいとお考えの保護者様はお気軽にお問い合わせください。

安全への取り組み


大切なお子様を毎日お預かりするプリスクールでは安全性は最も重要なポイントのひとつです。
プラスキッズでは毎日お子様が安全に健やかに過ごせるように、安全に十分な配慮しております。
東京都及び多摩市など自治体に保育園としての届出を行い、必要とされる安全基準をクリアしております。(避難経路・防火・耐火基準・施設の広さ・保育園の立地・保育士の配置など)
保育士の有資格者が担任を行い、ネイティブの先生のサポートを行いますのでご安心ください。

MENU|メニュー

  • プリスクールとは|Preschool
  • プラスキッズの理念・教育方針|Policy
  • アフタースクール・サタデークラス|After School
  • クラス紹介|Course
  • 先生紹介|Teacher